今月の話題

 「思いやり運転を実践しよう」 

 

 ❶  高齢歩行者最優先を周知する 

 秋の全国交通安全運動9月21日(水)から30日(金)まで実施されます。重点項目に、「子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保」とあり、今回の運動においては、「高齢歩行者最優先を徹底する安全指導」をすすめてはいかがでしょうか。
具体的には、高齢者の行動特性を周知し、次のような運転を指導しましょう。
◆「視野を広く保ち、とくに道路右側から横断する高齢歩行者の発見に努める。」
◆「高齢者を見つけたら減速して動静を見極め、横断の気配が見えたら停止し、高齢者の安全を確保する。」
◆「夕暮れ時は早めにライトを点灯し、対向車や先行車がいない場合は、ライトを上向きにして、高齢歩行者の早めの発見に努める。」
 

 ➋  高齢ドライバー保護を徹底する 

  高齢ドライバーとの事故を防ぐためには、「周囲への運転者の配慮」が必要になります。高齢者マークの車に対して禁止されている割込みや幅寄せは、高齢ドライバーの運転操作ミスを誘発するおそれがあります。「高齢ドライバー=交通弱者」という意識を持って、高齢ドライバー優先の運転を指導しましょう。
 また、高齢ドライバーとの間で「ヒヤリ・ハットした体験」について話し合うことにより、高齢運転者の特徴的な運転が理解でき、事故防止に役立てることができます。

令和4年9月の安全運転管理